読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと最後はハッピーエンド

アスペルガー症候群と解離性障害(離人症)と適応障害を持つ、18歳高校生の日記。明日なんていらないと言いながら、未来に期待する。twitter:@laurier_gloria

「登校制限一歩手前ってこと」

 

こんばんは。

 

今日は、学校初日でした。

直前に母が「私も呼ばれてるから」と二人で登校。そのままの流れで三者面談へ。

どういうこと?と思ったら、今後についての話し合いでした。

 

私の学校は通信制サポート校で、課題の締め切りが近づいています。その中で、今まで結構先生がそばにいたけど、それが不可能になる。その時に私が飛び降りようとしたりリスカしたりするのは困る。だから、私を今まで通りに登校させるかが問題になっている……と。

何かしら来るかなーと思っていたら案の定。入院明けだし、尚更でしょうね。

 

で、結果は、

登校はOK。ただし、

・通常より時間短め

・ヤバイと思ったら即帰す

・一回でも飛び降り等々しようとしたら二月末まで登校させない

という条件付きで。

 

通わせてくれる学校。ありがたい。でもごめんね、しばらく通わないつもりです。

理由は簡単、耐えられるわけないから。絶対すぐやらかして通えなくなるの、目に見えてる。

 

また明日からもお布団とお部屋に引きこもり生活をしようと思います。なんなら死んでもいいかなってくらいの勢い。もう、いいよ。