きっと最後はハッピーエンド

アスペルガー症候群と解離性障害(離人症)と適応障害を持つ、18歳高校生の日記。明日なんていらないと言いながら、未来に期待する。twitter:@laurier_gloria

生きていていいこと、なんて

 

こんばんは。

 

着々と迫ってくる、卒業。

「卒業ってなんだと思う?」と以前先生に聞かれたとき、私はこう答えました。

「居場所がなくなること」

今の高校は私にとってはとても居心地がよくて、『居場所』だと思っています。

でも、卒業したらそこは私がいていい場所ではなくなる。

 

大学なんて通えるのかな。ちゃんと生活できるかな。

 

この先、生きていていいことなんてあるのかな。

 

まぁ、何を言っても、私はこれからものうのうと生きていくのでしょう。

それが許されることなのか、私にはまだわかりません。

私ができることは、せいぜい廃人にならないことを祈るだけ。

 

普通って難しい。生きるって難しい。